結納辞典
結納辞典 > 結納の基礎知識 > 結納品ってどんな物?

結納品ってどんな物?


縁起物としての意味がこもる品々
結納品には、円満・長寿・子宝など繁栄を象徴するいろいろな 縁起物が揃えられています。下に各結納品の意味を解説しま した。結納の品々に込められた願いや意味を知ることで、 より深く 意義深い結納式になることでしょう。

品名/読み 意味

熨斗
のし
元々はアワビを叩いてのした(伸ばした)ものでした。 アワビは海産物の中でも昔から貴重な食物とされていて、贈り物として最高級の品でもあったからです。
現代では贈り物に対する祝意を表し、延命長寿の願いが込められています。

寿恵廣
すえひろ
一対になった白扇のことです。扇を広げた形が末広がりでを意味し、幸せが末永く続きくようにという願いが込められています。
扇の色が必ず白なのは、純潔・潔白を示しているからです。

小袖料
こそでりょう
結納金のことです。昔は着物の小袖を贈っていたことから、小袖料といわれます。 また地域によっては宝金とか帯料ともいわれます。
昔は小袖のお礼に袴を返していたことから、結納返しに包むお金のことを袴料ともいいます。松飾りの下に置く場合が多いです。

家内喜多留
やなぎだる
酒料の意味です。昔は実際に樽酒を贈っていたのでこう呼びます。竹飾りの下に置く場合が多いです。

松魚料
しょうぎょりょう
肴料の意味。お食事代のこと。昔は実際に魚を贈っていたのでこう呼びます。梅飾りの下に置く場合が多いです。

結美和
ゆびわ
婚約指輪のことです。おめでたい字をあてています。

高砂
たかさご
尉(じょう)と姥(うば)の人形です。共に白髪になるまで夫婦仲良くという願いが込められています。結納の掛軸にもこの図柄が最適です。

友白髪
ともしらが
白くした麻の束です。共に白髪になるまでという長寿の願いと、麻のように強い絆で結ばれるという意味で、夫婦円満の願いが込められた品です。

寿留女
するめ
スルメのことです。噛めば噛むほど味がでることから、味のある仲のいい夫婦になって欲しいという気持ちの表れとして贈ります。

子生婦
こんぶ
昆布のことです。昆布は非常に繁殖力が旺盛なものですし、喜ぶにかかって縁起物です。元気な子供を産んで欲しいという気持ちの表れとして贈ります。

勝男節
かつおぶし
鰹節のことです。古くは武家の保存食や非常食として常備されていた品で、いざ出陣という時には武運長久の縁起物として扱われていたのが由来です。

角樽
つのだる
お酒のことです。地方によっては、これを家内喜多留と呼ぶこともあります。
※地域によって色々と差があります。共通してよく見られるものを代表して紹介しています。

次へ
↑ページトップへ
▼ 結婚が決まったら
  結婚が決まったら?
  結納って必要なの?
  こんな場合の結納は?
  結納までのスケジュール
▼ 結納の基礎知識
  ⇒ 結納品ってどんな物?
  結納金いくら包む?
  仲人さんって必要なの?
  結納のスタイル
▼ 地域別の結納
  関東地方の結納
  関西地方の結納
  九州地方の結納
  近年の結納
▼ 結納の下準備
  必要な物を準備しよう
  目録・受書の準備
  家族書・親族書の準備
  お道具を用意しよう
  手土産はどうする?
  仲人への謝礼
  結納はいつどこで?
  会場の準備
  相手方との調整は?
▼ 結納当日
  結納の挨拶・シナリオ
  服装は大丈夫?
  当日のマナーを確認
  結納品の飾り方
  仲人なしの席次
  仲人ありの席次
▼ 結納返し・同時交換
  結納返しって何?
  結納返しはいつするの?
  同時交換の場合
  後日持参の場合
  荷送りについて
▼ よくある質問
  結納の基礎知識
  結納の下準備
  結納当日の流れ
  結納返し・同時交換
  その他
▼ その他
  結納用語一覧
  プライバシーポリシー

結納辞典目次へ戻る