結納辞典
結納辞典 > 結納の下準備 > 目録・受書の準備

目録・受書の準備


目録ってどんなもの?
目録は結納を贈る時に必ず用意されるものです。
結納品の全てを箇条書きにして、それに日付や名前、「幾久敷めでたくお納めください」という言葉を添え、「これこれの品を確かにお納めいたしました」という意味合いでお渡しする書状です。 簡単に言えば結納品の「納品書」のようなものですね。

指輪や結婚記念品を結納に加えて贈る場合も目録に書き加えます。指輪を贈るのに品物が間に合わないという場合、目録に品目を書き記しておいて、現物は後日お渡しするという方法をとる事も出来ます。

結納品はいずれ処分してしまったり、形を変えて飾り物にしたり、食べてしまう物もありますが、目録は結納の記念として末永く残しておくものですから、形だけの結納を略式で、と考えられている方でも、ぜひ目録だけは用意されたほうが良いでしょう。

関西式 ・ 九州式の場合の目録見本
目録
※結納屋さんの目録はすべて毛筆手書きにてお作りしています。
「目録」と表記しますが、「茂久録」と表記する事もあります。
結納金の名称は「小袖料」となっていますが、地域によって名称を 変更してお書きする場合があります。
九州地方では、御知家(お茶)、家慶鯛(御鯛)などが追加されます。
目録
結納用の目録結納返し用の目録
●ポイント
結納品の点数は、割ることのできない奇数がいいとされています。5点、7点のセット等に指輪などを付けると偶数になりますので、福槌(小槌)などを入れて点数を調整するか、酒肴料をひとまとめにするなどして奇数にあわせると良いでしょう。

関東式の場合の目録見本
目録
※結納屋さんの目録はすべて毛筆手書きにてお作りしています。
関東式では「目録」と表記します。
結納金の名称は「御帯料」となっていますが、地域によって名称 を変更してお書きする場合があります。
結納のポイント1

結納のポイント1
目録がついていない略式タイプの結納品セットで目録をつけたい場合は、注文時のオプションで目録を追加してください。
受書ってどんなもの?
受書は婚約の印として受取った結納品の品目を書き、「これこれの結納品を確かに受け取りました」と書き記したもので、受領証のようなものです。
本来は結納をいただく側が受書を結納式の場で筆書きするというものでした。

近年では、当日書かれる方が少なくなり、事前に結納品の内容を把握されている男性側が結納品と一緒に用意するケースが増えてい ます。その場合は新婦側は内容を確認の上、捺印して新郎側にお返しすることになります。
本来の様式とは異なりますが、準備がしやすく結納当日もスムーズに事が運べますので、当店では男性側が結納品と一緒に用意されることをお薦めしています。
しかし、伝統を重んじられるお家柄・土地柄などありますので、どちらがご用意されるかは、ご両家で事前に話し合われておくと良いでしょう。

関西式の場合の受書見本
(結納品の内容が分かっている場合)
受け取った目録と同じ品目を書き記し、具体的な金額も記入します。
名前は、親同士、本人同士、家同士と様々ありますが、目録の通りにあわせます。
証明あであることを表すために女性がの名前に掛かるように捺印して受書は完成です。

関西・関東式共通の受書見本
(結納品の内容が分からず、目録がある場合)
「御目録の通り幾久敷芽出度(いくひさしくめでたく)受納致しました」
先方の目録内容がわからない場合に用意する受書です。

関西・関東式共通の受書見本
(結納品の内容も、目録の有無も分からない場合)
先方様が目録をご用意されているか分からず、かつ先方様の結納品の内容がわからない場合に用意する受書です。

受書いろいろ
※写真は女⇒男用です。ご養子様用・返し用は色が変わります。
※セットの種類によっては、紙質・紙の色が変わる場合があります。
おためとは?
近畿地方では結納に対して『おため』をお返しすると言う風習があり、結納金に対して一割をお返しします。この一割は仲人様へのお礼となります。 近年では仲人なしの場合も多いため、省略したり、交通費的な意味合いで新郎様側に渡したりすることもあります。 (省略する場合には通常の受書のみを準備します)

おため結納返し(袴料)は意味合いが異なります。おためを省略する場合でも、お礼の気持ちを形に表すという意味で結納返しはされた方が良いでしょう。
受書おためセット

次へ
結納Q&A
Q.指輪が間に合わないので目録に載せておこうと思うが、相手に失礼にならないか心配

A.指輪や記念品が何らかの事情で結納式に間に合わない場合は、その様な手段をとっても失礼にはあたりません。
ただし、結納金だけを目録に載せておいて後からお渡しする、ということは失礼になりますので、やめておきましょう。

Q.僕のほうで受書を用意しました。彼女側にはいつ渡せばいいの?

A.当日儀式の最中、目録を渡した後にお渡しすれば良いでしょう。
(結納の前日までにお渡ししておくこともできます。捺印しておいていただければ 結納式がスムーズに進みます。)
Q.結納返しにも受書は必要ですか?

A.正式には必要ですが、当店としては、結納返しへの受書まではあまりお薦め しておりません。
本やお店によって意見が異なりますので、ご用意されても問題はありません。

▼ 結婚が決まったら
  結婚が決まったら?
  結納って必要なの?
  こんな場合の結納は?
  結納までのスケジュール
▼ 結納の基礎知識
  結納品ってどんな物?
  結納金いくら包む?
  仲人さんって必要なの?
  結納のスタイル
▼ 地域別の結納
  関東地方の結納
  関西地方の結納
  九州地方の結納
  近年の結納
▼ 結納の下準備
  必要な物を準備しよう
  ⇒ 目録・受書の準備
  家族書・親族書の準備
  お道具を用意しよう
  手土産はどうする?
  仲人への謝礼
  結納はいつどこで?
  会場の準備
  相手方との調整は?
▼ 結納当日
  結納の挨拶・シナリオ
  服装は大丈夫?
  当日のマナーを確認
  結納品の飾り方
  仲人なしの席次
  仲人ありの席次
▼ 結納返し・同時交換
  結納返しって何?
  結納返しはいつするの?
  同時交換の場合
  後日持参の場合
  荷送りについて
▼ よくある質問
  結納の基礎知識
  結納の下準備
  結納当日の流れ
  結納返し・同時交換
  その他
▼ その他
  結納用語一覧
  プライバシーポリシー

結納辞典目次へ戻る