結納辞典
結納辞典 > 結納の基礎知識 > 結納金いくら包む?

結納金いくら包む?


結納金はいくらにすればいい?
男性側から女性側へ贈られる結納金は、結納品のなかに含まれる「小袖料」とか「御帯料」と表書きされた金封に 現金を包みます。
昔は結納の際に着物や反物などの現物を贈っていたのが現金で贈る様になった為、この様な表書きになっています。

結納金は嫁ぐ際の支度金的な意味合いが強く、一般的にその金額は「西高東低」となっていますが、特に金額が決められているわけではありません。
実際に金額を決める際にはその家や本人の実力に見合った額を男性側で決めるのが良いでしょう。

一般的な金額としては、100万円が50~60%と最も多く、150万円以上も10%程度見受けられます。
その他にも金額を決める要因として、たとえばお見合い結婚と恋愛結婚、両者の地域差、両者の親戚関係など 様々な要素が絡んできます。

結納金は新札でお渡しするのがベストですので、銀行で受け取る1週間ほど前に予約を入れておくと確実です。(必要な日にいきなり銀行に行っても、新札がそろわない場合もありますのでご注意を。)
当日、お相手が1枚ずつ数えて確認するわけにはいきませんので、 確認しやすいよう銀行の帯封はつけたままお渡しになったほうがよろしいです。

結納金の相場

●ポイント1
女性側に「いくらぐらいご用意しましょう?」と たずねるのはやめましょう。
いただくお金の額 を聞かれても、希望などは言えないものです。
結納金の額は男性側で決め、相場から外れ る額になる場合はそれとなく先方にお伝えしておいて持参するほうがスムーズです。
男性側には言えない本音
女性側のホンネ

●ポイント2
金額をきめるなら100万円、200万円といった きりの良い金額か、50万円、70万円などの奇 数にするのが一般的です。
また、80万円も末広がりとなり良いでしょう。
女性側には言えない本音
結納金についての悩み
基本的には女性側が接待費用を負担
結納式には結納品の他に、食事会や会場費、仲人さんへのお車代などケースに よって様々な費用がかかります。
これをどちらが負担するかで、悩むカップルも多い様ですが、基本的にはこれら接待に関する費用は女性側で負担しましょう。

結納は、結納品を持参する男性側の労をねぎらい、女性側が自宅でおもてなしをするものです。
ですから、おもてなしにかかる接待費用は女性側が負担するのが 普通なのだといえます。
男性側は結納に酒肴(料)を添えます
昔は男性側が実際に酒・肴の現物を持参して飲み交わし、これから親戚付き合いをしましょう、とお祝い膳を囲んだものですが、現在はその慣わしが現物からお金に変わり「酒肴料」として持参するようになりました。
(九州地方では今でも酒・肴を持参する慣わしがあります。)
費用を両家で折半、という方法もありますが、「酒肴料」をお包みするのが結納式としては自然であり、より 丁寧な印象を与えるでしょう。
酒肴料
酒肴料の相場

●ポイント1
会場を利用する場合、自宅で行うより費用がかさむケースが多いので、男性側も酒肴料を多めに用意する心遣いがあると良いでしょう。

●ポイント2
結納セットによっては酒肴料がついていないものもありますが、オプションで酒肴料を結納品の中に追加することも出来ます。
良く分からないからと省略してしまうとお相手様に失礼になる場合もあります。迷ったら結納屋さんにご相談下さい。
結納にかかる費用負担の例

次へ
結納Q&A
Q.結納金なしで結納を行いたいのですが?

A. 金銭的な授受を行いたくないという理由で、結納金や酒肴料を取り交わさず、一つのけじめとして結納を行いたいという方もいらっしゃいます。
結納といえば結納金がつきものと思われがちですが、昔は結納はお金を贈るのではなく、着物や魚介類、お酒などを贈っていましたので、結納金のない結納というのは、本来の結納の形に近いともいえます。
その場合は、結納金や酒肴料を包む代わりに、スルメやコンブといったおめでたい意味の ある品物を入れて贈ったり、指輪などの記念品をメインにした結納セットを用意して行うのが良いでしょう。

ただし、現在では、結納と言えば、金額の多少に関わらず結納金を贈るのが一般的です。後々、お互いにギクシャクしない為にも、結納金なしで結納を行う場合には、 前もって、お相手様のご両親にもその旨、ご了解いただいておいた方がよいでしょう。


Q.結納金だけ渡すなら包みひとつでいいですよね?

A. お相手が遠慮されて「包みひとつでいいですよ」といわれる場合もありますが、そのままの意味でとって、手盆でお渡しするというのはやはり失礼にあたります。
その場合でも、最低限の礼儀として白木の台か広蓋などに載せて渡されるのが良いでしょう。
結納金はあくまで贈り物ですから、相手の考えているものより少し高いくらいのほうが誠意や気持ちが伝わるものです。 

また、日本人独特の謙譲の美徳として『包み一つで・・・』とおっしゃっている場合もあります。
その通り受取って、金封1つで持って行ったら、お相手は当然一般的な結納を納めてもらえると思い、毛せんと掛け軸を用意して待っていて、逆にギクシャクしてしまったという話もよく聞きます。
できれば、少なくとも、のし、末広のついたセットでお渡しになることをお勧めします。
Q.養子を迎える場合の結納金も相場通りで良いのですか?

A. 一般的に、ご養子を迎える場合は、お嫁さんを迎える結納金の2~3倍と言われます。
結納金の相場が100万円だとしたら、200~300万円位お包みするのが良いでしょう。

男性側には言えない本音
養子の場合・・・女性側のホンネ

Q.結納金の使い道を教えてください

A. 本来、結納の際に着物や帯を持参していたのですが、時代の流れと共にお金を贈るようになりました。その点を考えると、絶対にこれという決まりはないようです。
現実には、嫁入り支度の一部にされる方が多いですが、中には貯金して新居に持参する人もいるようです。

結納金は親がもらうお金なの?

Q.会食は費用がかさむので、結納だけ行うつもりです。気をつける点はありますか?

A. 結納の時に会食をしない場合でも、折り詰め程度は用意して帰り際にお渡ししましょう。結納式が終わる時間帯によっては昼食が近くなる場合も。
ちょっとした心遣いがあると良いですね。
折り詰めならばそれほど費用はかからないと思います。
Q.結納金を渡すつもりなので、酒肴料も同じ金封に包んでもいいですよね?

A. 結納金と酒肴料を一緒の金封に包む事はお避けください。
意味合いが異なるものですから、別に包まなければなりません。
酒料と肴料を一緒の金封に包んで入れるのはOKです。
▼ 結婚が決まったら
  結婚が決まったら?
  結納って必要なの?
  こんな場合の結納は?
  結納までのスケジュール
▼ 結納の基礎知識
  結納品ってどんな物?
  ⇒ 結納金いくら包む?
  仲人さんって必要なの?
  結納のスタイル
▼ 地域別の結納
  関東地方の結納
  関西地方の結納
  九州地方の結納
  近年の結納
▼ 結納の下準備
  必要な物を準備しよう
  目録・受書の準備
  家族書・親族書の準備
  お道具を用意しよう
  手土産はどうする?
  仲人への謝礼
  結納はいつどこで?
  会場の準備
  相手方との調整は?
▼ 結納当日
  結納の挨拶・シナリオ
  服装は大丈夫?
  当日のマナーを確認
  結納品の飾り方
  仲人なしの席次
  仲人ありの席次
▼ 結納返し・同時交換
  結納返しって何?
  結納返しはいつするの?
  同時交換の場合
  後日持参の場合
  荷送りについて
▼ よくある質問
  結納の基礎知識
  結納の下準備
  結納当日の流れ
  結納返し・同時交換
  その他
▼ その他
  結納用語一覧
  プライバシーポリシー

結納辞典目次へ戻る